Q&A » 起業編

会社を作る場合、どのようにしたらよいのか?

会社を作るのは、一人で手続きをすることも可能です。しかし、時間がたっぷりあるならかまいませんが、売上をどう上げるかを考えるほうが大事です。設立は専門家に任せたほうがよいでしょう。簡単に設立の流れを記しますので、参考にしてください。

1 会社の基本事項を決定

会社設立の準備で、会社名である「商号」、「本店所在地」、「事業目的」、「資本金」、「役員」等を検討します。

2 定款を作成

個人の印鑑証明書が必要になります。会社の実印・銀行印やゴム印を注文します。

3 定款の認証

公証役場で公証人に認証してもらいます。

4 残高証明所取得

金融機関で、資本金相当額の残高証明書または預金通帳の写しを取得する。

5 会社設立登記申請

本店所在地にて登記を行う。

6 会社設立登記完了

登記簿謄本と印鑑証明書を取得する。

7 諸官庁への届出

税務署等に法人設立関係届出書を提出する。

当社では、設立後の社長報酬の決定、金融機関の紹介や付き合い方、また借入書類の作成等のアドバイス、社員採用時の手続き、税務申告、パソコン会計処理等々のご相談に応じます。安心して任せられる事務所に最初から依頼したほうがお得です。

« Q&A一覧に戻る

Copyright(c) 2011 むさしの税理士法人 All Rights Reserved.