Q&A » 会計事務所編

会計事務所・税理士事務所を選ぶポイントは?

会計事務所・税理士事務所・税務会計事務所は、税務と会計業務を主とし、法人税・所得税の申告書を作成していることでは同じです。 そのプロセスやお客様への接し方はまちまちで、数多くの顧問先を低料金でこなす方、顧問料は高いがそれなりのサービスをしてくれる方と様々です。選択の視点として次の4つのことを参考にしてください。

料金とサービス内容が明確か

顧問料は、金額の多寡にかかわらず、その料金でどこまでやるのかを確認してください。安さを求めればコストはそれなりにしかかけられませんから業務が雑になる恐れもあります。家を建てるときもそうですが、できるだけ安く建てたりすると後々のメンテナンスで通常の倍以上の金額がかかるのと同じように、顧問料も適正な顧問料を支払う必要があるでしょう。ただし、サービスについては企業の成長段階に応じてそのサービスを選択できるところがよいでしょう。

事務所は近いか、遠いか

近隣の税理士(1時間以内)の地元で評判のいい人は、地域の知り合いも多く、仕事の紹介をしてもらえる場合もあります。また、遠隔地だと訪問コストが高くなり割高になる可能性もありますが、その場合はテレビ電話会議システム等の導入で解消される場合もあります。いずれにしても、コミュニケーションが気軽に取れる事務所であれば、距離の近い遠いはそれほど問題にならないでしょう。

事務所の雰囲気や先生やスタッフの応対はどうか

大事なのはその事務所の雰囲気です。サービス業としてお客様を見ているかどうかは大きなポイントです。事務所に入ったら挨拶や、受け答えが暗いイメージのところは、仕事を頼む気がしませんね。

事務所のネットワークはあるか

税務会計業務は専門といえども、今は幅広い専門知識が要求されます。税務会計以外でも、法律・労務等に関しても、その会計事務所・税理士事務所がネットワークを持っていれば安心して相談ができます。

« Q&A一覧に戻る

Copyright(c) 2011 むさしの税理士法人 All Rights Reserved.