相続・事業承継

相続対策

相続対策は事前に以下のことが必要です。

      • 争続でない相続をする。
      • 納税資金を準備する。
      • 財産の評価を下げる。

あらかじめ3つの検討をします。そのためには、「現状はどうか」の診断を行い、シミュレーションをします。一次相続だけでなく、二次相続(対象者の配偶者相続)まで視野に入れてシェアプランを考えましょう。

事業承継対策

事業承継には、「人脈の承継」と「財産の承継」があります。「人脈の承継」は、社長の影響力が残っているときに、次期後継者の引継ぎをすることが有効です。「財産の承継」は、上場していない場合にはまず自社株の評価をします。次期後継者ができるだけ多く取得する方が、将来的にも安定した経営ができます。

Copyright(c) 2011 むさしの税理士法人 All Rights Reserved.